古布工房 椿

tel/fax  078-766-9544
ホーム 作品 ご案内 アクセス ブログ


ご案内

この度は、当サイトをご覧頂きありがとうございます。

 古布の服にご興味をお持ちの方に、作品を見ていただきたい、自宅工房に気軽に遊びに来ていただきたいという思いで、ホームページを開きました。
私自身はパソコンが全くできませんので、実際のやりとりはお電話にさせていただきたく存じます。

 自宅工房では、今までに私自身用に作ったものもご試着していただけるように展示しておりますし、これまでに作ったものの写真もご覧頂けますので、ご面倒ですが足を運んで頂くのが一番宜しいかと思います。


以下、ご参考にして下さいませ。
 


*メンテナンス

●お洗濯について
基本的には、お店でのドライクリーニングをお勧めいたします。(ホームドライクリーニングは、つけおき時間が長く、色移りの原因になることがありますので、お避け下さい。)

ご家庭でお洗濯される場合
は、
@服をたたんでネットに入れ、おしゃれ着用洗剤で軽く押し洗いをします。色落ち、色移りする場合があるので水につける時間はできるだけ短くします。
A数秒間脱水した後、軽くすすぎ洗いをします。
Bもう一度数秒間脱水します。
C糊をつけます。麻、綿、木綿、つむぎなどの場合は糊をつけるとアイロンがきれいに仕上がります。
D陰干しをし、半乾きの状態で(30分程度半乾きになる場合もある)裏からアイロンをかけます。表からかける場合はてかる場合があるので、当て布をして下さい。

●保管のしかた
保管時は、折りたたみ皺ができやすいので、ハンガーにかけておかれるのが宜しいです。



●制作について
服を仕立てる前に、着物や帯をほどき、必ず一度手洗いをして、縮みや色落ちをチェックしております。
状態の良い部分を大切につなぎ合わせ、服に仕立てます。
もともと大きなサイズの布を使って仕立てるのと比べ、大変な手間のかかる作業ですが、布の色合わせを考えてはぎ合せることで個性が出ますので楽しいところでもあります。

●サイズ、価格、注文方法など
当サイトでご紹介しておりますもののサイズなどは、お手数ですが直接お問合せください。
同じ形でも布の種類やサイズなどによって価格が変わってまいりますので、オーダーされる場合はご了承下さい。

●材料のお持ち込み
簡単な形のものでしたら、お持ち込みの布でもお作りさせていただけると思います。
その際、着物ほどき代金として1500円〜、洗い・仕上げ代金として1800円〜頂戴いたします。

●使用する布について
日本の古い布と和布、インド綿などを使用しています。通常、私自身が専門店などで手に入れたり、譲り受けた着物などを使用しますが、「思い出の着物を使ってドレスを作ってほしい」というような場合は、お着物などを見せていただき、相談をしながらデザインを決めてお作りしております。

なお充分注意してお作りしておりますが、古布ですので破れたり裂けたりしたときは実費にてお直しをさせていただきますのでお気軽にお申し出下さい。